小学校休業等対応助成金が令和4年3月31日まで延長されています。 - 社会保険労務士に相談をお考えなら | 大阪の社会保険労務士事務所【インプルーブ社会保険労務士法人】にご相談ください
     

新着情報

小学校休業等対応助成金が令和4年3月31日まで延長されています。

公開日:2022/01/24

◆概要

新型コロナウイルス感染症の影響による小学校等の臨時休業等や、新型コロナウイルスに子どもが感染したことにより、子どもの世話が必要となった保護者に対して、有給の特別休暇(年次有給休暇とは別)を取得させた場合、助成金が支給されます。

 

◆助成内容

助成率 特別休暇に対して支給した賃金額の100%

上限額 原則:1月、2月  11,000円/1人1日申あたり

  3月     9,000円/1人1日あたり

 

 例外:15,000円/1人1日あたり

       申請対象期間が、緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置の対象となっている地域

 

◆主な要件

1、対象となる休暇

①本来の授業日、施設利用可能日に、臨時休業や子どもの感染等により世話が必要になったこと

※元々休みである日曜日や冬休みは対象外です。

②半日や時間単位の休暇でも対象となります

③年次有給休暇や欠勤として処理していた場合に、事後的に特別休暇に振り替えた場合も対象となります。

 

2、賃金

年次有給休暇を取得した場合の賃金の100%を支払うこと

 

3、対象者

子どもを現に監護する者、または一時的に子の世話を補助する親族

※雇用保険加入の有無は問われません。

 

4、就業規則への特別休暇の規定は不要です。

ページトップへ

顧問先様専用ページ