雇用調整助成金の特例措置期間延長について - 社会保険労務士に相談をお考えなら | 大阪の社会保険労務士事務所【インプルーブ社会保険労務士法人】にご相談ください
     

新着情報

雇用調整助成金の特例措置期間延長について

公開日:2022/02/22

令和4年3月31日までとされていた雇用調整助成金の特例措置について、

政府は、少なくとも5月末までは延長する方向で調整に入ったようです。

オミクロン株による感染拡大(第六波)の影響で、

厳しい雇用情勢が続くことを受けてのものです。

 

詳細については、まだ発表されていませんが、

おそらく現在の特例措置をそのまま維持するものと思われます。

 

なお、現在の助成率および上限額は下記のとおりです。

 

令和4年3月の休業について

原則  助成率 9/10(解雇等を行った場合は4/5)

  上限額 9,000円(1日1人あたり)

特例※ 助成率 10/10(解雇等を行った場合は4/5)

  上限額 15,000円(1日1人あたり)

 

※特例について

①業況特例

対象期間の初日が属する月から遡って3か月間の売り上げが、

前年または前々年または3年前の同期間の売り上げより30%下がっている場合

②地域特例

緊急事態措置またはまん延防止等重点措置の対象区域の都道府県知事による要請等を受けて、要請等の対象となる施設(要請等対象施設)の全てにおいて、休業、営業時間の変更、収容率・人数上限の制限、入場者の整理等、に協力する場合

 

ページトップへ

顧問先様専用ページ