大阪の高槻にある社会保険労務士事務所です。大阪・京都・兵庫を中心に、就業規則策定など、丁寧な労務サポートを行っております。相談は全国どこからでも可能!

当社が選ばれる理由・お客様のお声

「単に社会保険事務をするだけ、給与計算をするだけの社労士はいらない」
いつも期待を上回る、プラスアルファのご提案を心がけています。
人事労務のプロとして、あらゆる悩みを一緒に解決、サポートしたい…。
お陰様で、大した広告もせず、お客様からのご紹介でここまで成長してきました。

(高槻市・歯科医療業・従業員数15名)

【上記のテキスト】
御社にお世話になって、二年半になります。
これまで、就業規則作成、給与計算、各種助成金申請、労務上のトラブル解決、賃金制度の整備、新制度の導入等、 どれほどお力添え頂いたことか、感謝しきれないくらいです。
特に、経営者の視点から見た的確なアドバイス、当社にあった助成金のご提案、業務のスピード感、スタッフの皆様のレベルの高さには、いつも感心しております。経営側にとりましても、大変心強く、あらゆる労務問題の解決力を備えたたよりになる先生方です。
このご縁に感謝し、今後とも末永くご指導賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

(高槻市 介護業 従業員30名)

【上記のテキスト】
何か困った事があればすぐにインプルーブ社会保険労務士事務所の先生へご相談させて頂いております。
いつもどんなにお忙しくても、親切・丁寧に対応して頂き感謝しております。
当社は給与関係、就業規則、助成金問題等、すべてインプルーブ社会保険労務士事務所に依頼しております。
やはり先生との信頼がなければ、安心してお願いすることはできません。
最近よくご相談させて頂くのが労使問題です。
この問題を解決するには、進め方や言葉使いが非常に難しいです。
又今後も増えてくる問題でもあると思います。
そんな時に先生方のご経験からくる的確なアドバイスが心強く、良い結果に結びついております。
働きやすいお互いを思いやれる職場を目指しております。
それには、先生方のサポートが必要ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

(尼崎市 製造業 従業員57名)

【上記のテキスト】
女性スタッフによるきめ細かな対応に感謝しております。
対応も迅速で丁寧。
下山先生に頂戴しました著書が大変わかりやすく、労務関係に全く知識のなかった素人の私でも非常に入っていきやすいご本に感動しました。
一つのテーマに2ページで簡潔にまとめられているので、読み進むのに挫折(!?)することがありません。
何より経営者側に立って親身に回答して下さる下山先生には、大変信頼を寄せております。

(茨木市 教育サービス業 従業員27名)

下山先生には、すでに15年間も当社の面倒を見て頂いております。
思い出せば、企業として問題点も多くあったように思います。

羅列しますと、
・就業規則の作成から労働基準局への届出、またその内容を詳しく説明して頂いた記憶があります。
さらに今日に至るまで、育児休業規定、介護休業規定等の改定と毎年 36協定の届出をして下さっています。
・嘱託制度も (会社の負担も少なく、本人も高年齢雇用継続給付金を受給できる為)先生が手掛けて下さった。
・助成金の情報も豊富に下さるし、先生の指導の下に多くの助成金を受給してきました。
  最も、<環境設備改善の助成金においては数百万円受給した記憶があります)
・H22年には、労務監査も実施していただきました。
  数件指摘されましたが、すべて改善に至りました。
・セミナーは昨年、「管理職研修」に課長を出席させ、管理職としての決意表明をさせました。
・災害時においても、労災の報告等すべてお願いしています。
*WEB労政時報執筆連載され、事務所HPにて労務ニュース、ブログを随時更新されています。

と、いうことで長々書きましたが、先生は労務士事務所に居られるわけですが、実は当社の中に座っておられるように実感しています。

(三島郡 製造業 従業員97名)

当社には、平気で嘘をついたり、勤務態度がすぐに悪くなるスタッフがいました。そのことを注意すると退職するという発言をされたため、その方向ですすめようとしていました。しかし、そのスタッフは「やっぱりやめない」と開き直りました。その後も、勤務態度および、仕事のクオリティも悪かったため、当社としては退職をして欲しいと思っていました。しかし、こんな時でも、日本では簡単にスタッフを辞めさせることはできません。
どうすれば良いのかわからず、ストレスで心身も疲弊しているときに、先輩経営者から下山先生をご紹介いただきました。先生は初対面の私の話をしっかりとすべて聞いてくれ、どういう選択肢があるのかをわかりやすく教えてくださいました。当時、困り果てていた私は弁護士事務所にも行って相談に乗ってもらっていたのですが、労務関係に詳しくなく、単に「簡単にはやめさせることが出来ない」とわかりきったことを言われるだけでした。
他方、先生は何が問題で、どうすれば良いのかをきちんと整理して教えてくれました。その結果、話が終わった時は、すべきことに意識を集中することができ、その数日後には問題を解決することが出来ました。
特に労務関係になると経営者は孤独です。どれだけスタッフのことを思いやっているつもりでも、労務関係では問題がなくなることはないんだと思います。この時のつらい気持ちを理解し、共感してくれた上で、経営者とその会社を助けてくれるのが下山先生です。時には言いにくいこともはっきり言ってくれる厳しさには、仕事の姿勢だけでなく、人としての愛も感じます。
また、当時、就業規則がなかったこと、そして、問題がある社員に対してやるべきことをわかっていなかったことで、随分と苦労をしました。このことがあったためその後、就業規則なども作成しました。こうしたことをきちんとしておくことで、問題が生じるリスクを限りなく減らすとともに、逆にしっかりとしたマネジメントの土台ができることで、チームとして共通のゴールに取り組む姿勢が生まれてきています。
当社の発展は下山先生ぬきには語れない。そう本気で思っています。

(高槻市 飲食業 従業員9名)

従業員の定着が悪く、退職時には労働基準監督署へ駆け込まれることもよくありました。そこで、インプルーブ社会保険労務士事務所に就業規則の作成を依頼しました。指導されたとおりに従業員を採用したときに労働条件や服務規律などを説明するようにしたところ定着がよくなり、従業員とのトラブルもほとんどなくなりました。

(大阪市 洋菓子製造業 従業員100名)

遅刻が多く、社長の言うことを聞かない従業員を抱え、対応に困っていました。インプルーブ社会保険労務士事務所に就業規則を依頼し、作成する中で悩みを相談しました。
 「困っていることはご相談ください。そういったことは服務規律や懲戒の条項に盛り込んでおきます。『社長の言うことを聞かない』というのは、業務命令違反に該当し、懲戒処分することができます。ひとつひとつの従業員の困った行動を指導し、記録していくことが大事です。これによって、最終的には、懲戒解雇することが会社の正当な行為になります」と指導を受けました。言われたとおりにこつこつと指導したところ、結局、その従業員は自分から辞めていきました。この事をきっかけに下山先生に顧問になっていただきましたが、助成金も毎年のように申請していただき、本当に助かっています。

(茨木市 製造業 従業員3名)




当社のスタッフが綴るブログです。是非お読みください。


大阪助成金相談センター

労働基準法がよくわかる本'15  
こんなときどうする?Q&Aでわかる労働基準法 book01.jpg   もらえる年金がわかる本'15

privacymark:20002046
SRP認証:090886